長野県内で創業をした方たちから、創業をお考えの方や創業間もない方へ
向けたメッセージをお届けします。県内で活躍する創業者の方々の体験や
想いに是非触れてみてください。

『自然食による健康づくりを目指して・・・』
     自然食かふぇ葉菜(はな)店主
       杉本 聡子

【創業への思い】

 私は以前から食に対して強い関心がありました。無添加、無農薬、無着色等の食

材について勉強し、特にマクロビオティック(*玄米雑穀を中心に、自分が住む土地で穫れた 

作物を、その時期に食べる。加工や精製をせず、自然の恵みを自然なまま取り入れる。日本の伝統食を

お手本とする簡素で自然な食事法を実践して、心と体の健康を維持しようという考え方

(http://www.kijapan.jp/profile_kushi/))の道に打ち込んできました。


     

           (マクロビオティックインストラクター資格者証)           (左から母・本人・弟)


 安全・安心な食の提供を通し、多くの方の健康づくりを目指す一方、私は都会の喧

騒よりも自然の中にいることが好きでしたので、いずれは自然豊かで全ての生命の

源泉である水と空気の清涼な地で、自生の物をメインとした「自然食カフェ」を創業

したいと考えていました。


 40歳を過ぎ、ここが身体的にも精神的にもリミットだろうと考え、母と弟と共に40数

年過ごした故郷の千葉県を離れ、平成25年7月に長野県駒ヶ根市に移住し、10年

程抱いていた夢の実現に向け、足を踏み出しました。


 創業に際しては、資金面等で、長野県や駒ヶ根市の行政による支援をはじめ、商

工会議所等の関係機関の協力を得ながら、約1年近くの期間を経て、移住してから

2か月という短期間の中で開業することができました。



【店名の由来】

 葉菜の葉は千葉県の葉で、菜は千葉県の県花が菜の花なのでそこからつけまし

た。原点を忘れないという意味と食を通して、故郷"千葉県"と"長野県"の架橋と

なれるようにという意味も込めています。



【創業時の支援】

 創業する時には、創業する地域の特性、習慣、動向等をつぶさに知ることが、

大切であると思います。また、資金面で公的な融資、補助金制度等を利用する場

合は、行政や商工会議所等の関係機関に相談しながら、その制度の詳細を理解

し、熟知することが求められると思います。これらを十分に理解していないと、後で

取り返しのつかないことになりかねません。



【創業時の状況】

 次に、創業への心構えを備え、いざ行動に移しても、事は順風満帆にいかないと、

心すべきだと思います。軌道に乗らないことで気持のバランスを失い、空回りばかり

してしまうからです。逆に、順風満帆にいかないことをバネにすることで、創業にチャ

レンジしたその人にしか味わえない喜びや充実感を得ることができるのではないで

しょうか。


 売上や客数などの目標数値が思うようにならず、なぜ?どうして?と、苦悩を強い

られることは決して少なくありません。私の場合、「自然食」をテーマにした飲食店の

せいか、店のキャッチフレーズ"食は命"(命の保全・健康づくりを目指して)とは裏腹

に、お客様の理解、関心はまだまだ広く得られていない状況です。


 お店では、弟が自然農(田畑を耕さない、無農薬、無肥料)で栽培した、安心・安全

で健康づくりのための食材を提供しています。こうした食習慣に興味を持っていただ

き、「自然食かふぇ 葉菜」に多くの人が訪れてくれるよう日夜考えています。



【地域との関係】

 さらに、他県から移住しての創業は、業種を問わず、移住先の地域に合わせた

ものである必要があります。「所変われば、品変わる・・・」ですから、地域の皆さん

との触れ合うことが重要だと思います。また、地域の行政機関から支援を受けられ

るように関係を築くことも大切です。



【創業する方へのメッセージ】

 最後に、創業が家族経営でしたら家族の「絆」を最も大切にすべきだと考えます。

以上のことを、創業1年足らずで僭越ですが、これから創業する方、創業を目指して

いる方への私からのメッセージとしたいと思います。



**********【自然食かふぇ葉菜】**********
 
 お野菜・豆・海藻・全粒穀物等をふんだんに使った6種類の惣菜が楽しめる葉菜プレート(週替り)や平日限定ベジ丼(月替り)、週末限定ベジランチなど体が喜ぶお食事をして、たまには心も体もリフレッシュしてみませんか♪
 マクロビオティック料理教室、男性のための料理教室(初心者対象)なども開催中!!

営業時間 11時30分〜14時、18時〜21時(当日14時までに要予約)
定休日  月・火 (月が祝日の場合は、火水休み)
 
所在 駒ヶ根市東町9-24
電話 0265-98-6571
URL http://www.hana-cafe.com
 

       (葉菜プレート・週替り)

   (地域の方が集まる料理教室)

 
 

 

ご意見、ご質問などをお寄せ下さい。
 
(公財)長野県中小企業振興センター  ながの創業サポートオフィス
電話:026-269-7359(平日 午前8:30〜午後5:15)
 E-mail:sougyou@icon-nagano.or.jp

 

⇒リレーエッセイ目次へ