長野県内で創業をした方たちから、創業をお考えの方や創業間もない方へ
向けたメッセージをお届けします。県内で活躍する創業者の方々の体験や
想いに是非触れてみてください。

『日本の伝統工芸を新しい形で世界へ』
  ラブジャパンブランド株式会社
        代表取締役  鈴木 衣里子

【創業への経緯】

 私は、2011年の夏、知人が主宰するクールジャパンを応援する会(集い)に参加し

た折り、他の出席者の方々が日本文化の海外発信を志向されておられることに大

変興味を持ちました。

 

 その後、関東経済産業局に勤務する知人から、群馬県桐生市にある幾つかの

優良工場を紹介していただきました。そして現地を訪問する機会を得ることがで

き、日本の地方にある企業の持つ凄い潜在力に深い感銘を受けました。

 

 なかでも、NASAに技術を提供しているような技術力の高い工場であったり、水泳

のタイム短縮を実現した水着の特殊素材の開発などの現場で、世界に誇る技術を

目の当たりにしました。

 

 また日本各地を訪問することにより、地方に散在する伝統工芸品の持つ美しさや、

日本独特のわびさびの世界を改めて見直す機会も得ました。日本には、こんなに優

れた技術や素晴らしい文化がたくさんある。この技術や文化を今こそ若い人や世界

に発信し、もう一度、素晴らしい日本を再生しなくてはいけない時期が来たのでは

ないかと深く感じたのです。

 

 日本の伝統工芸・高度技術を、もっと親しみやすい形に変え、それを世界に発信

し、美しい日本の文化や技術に魅了され、興味をもってくれる海外のファンや若い

人たちを増やしていければと思い、2012年7月にラブジャパンブランド株式会社を設

立しました。

 

ディスプレイ商品「帯地と真田紐をつかった七福神」

【創業を経験して】

 創業の際は、国の創業補助金(海外需要獲得型)の採択をいただき、交通費や人

件費など創業の際の厳しい状況を助けていただきました。

 ものづくりをしながら、少ないスタッフで経理のやりくりや、雑務等、売上に追わ

れ焦りがある中、着実に前に進まなければならないことは大変なことですが、自分

たちが行っている事を発信することによって、少しずつ応援してくれる方々が増え、

その方たちの力を借りながら、前に進むことが成功への近道だと思っています。

昭和初期の帯地をバッグにしました

【創業を志す方へ】

 これから創業をお考えの皆様、一言に創業といってもいろいろなケースがありま

す。夢をかなえるという目標に向かう喜びがある一方で、苦しい事も多々あります。

 どうぞ、御自身の夢を明確に持ち、(公財)長野県中小企業センターなどの支援機

関の皆様からのアドバイスや支援などを糧にして、夢の実現を目指し頑張ってくださ

い。

    

 地道に、一歩一歩・・・。

  

和風コーディネート(インテリアや結婚式)の依頼も受けるようになりました

 


**********【事業所等の紹介】**********
 

名称:ラブジャパンブランド株式会社

所在:長野県北佐久郡軽井沢町長倉2913?5軽井沢ハウス101

URL:http://www.lovejapanbrand.com

取扱内容:帯地、着物地、真田紐を使った製品の卸、販売、輸出。
      箪笥に眠った帯地のリメイク等をしています。伝統工芸
      品を使ったワンチャン用品「サムライドッグ」も今月
      より販売開始しました。

  

 

ご意見、ご質問などをお寄せ下さい。
 
(公財)長野県中小企業振興センター  ながの創業サポートオフィス
電話:026-269-7359(平日 午前8:30〜午後5:15)
 E-mail:sougyou@icon-nagano.or.jp

 

⇒リレーエッセイ目次へ