長野県内で創業をした方たちから、創業をお考えの方や創業間もない方へ
向けたメッセージをお届けします。県内で活躍する創業者の方々の体験や
想いに是非触れてみてください。

『アウトドアを通じて人とのつながりを作り、長野の魅力を伝えたい』
  NATURAL ANCHORS
       戸谷 悠

【創業に至った経緯】

 在学中にロッククライミングと出会い、卒業後、カナダに渡りクライミングをし、帰

国。またお金を貯め海外に渡るという生活を送っていました。諸事情により長野に帰

郷した後、一般企業に就職しサラリーマン生活を送っていました。

 結婚して子供が生まれ、それなりに落ち着いた頃、「このまま企業勤めで終わるの

だろうか?」と考えた時、前々から頭の中にあった「山に係るなんらかの仕事をした

い」という思いが、急に強くなりました。家族の事、自分の年齢の事、周りの環境な

どを考え、今しかないと思い、妻に相談をし、理解を得て、行動に移しました。

 

ニュージーランドで

【創業への想い】

 ネット販売が盛んな昨今ですが、どの通販サイトの商品説明を見てもメーカーHP

などからの引用ばかりで実際の使い心地や悪い点などが全然わかりませんでした。

また実際に商品を見たくても長野市内ではお店が限られていました。

 それであれば、実際に触ってみて、使ってみてよいものを選んで置く店を自分で開

けばいいのではないかという思いが出てきました。ギア(道具)を使っていた経験も

あります。また友人知人のクライマーや山関係の方との交流もあるため、「これはど

うでしたか?」というリアルな話や、情報交換も出来ます。そういった情報が集まり、

それを基に発信ができる場所にしたいという想いがありました。

 また、海外に出て改めて感じたのが長野の自然環境の豊かさです。これを色々な

人に伝えたいと思いました。それが屋号のNATURAL ANCHORSの由来でもありま

す。ロッククライミングの用語でもありますが、ANCHOR(アンカー)には錨、支点と

いう意味があり、情報や人が集まり発信ができる場所にしたいという想いも込めてあ

ります。

    

        

【創業時の状況、どんな支援を受けたか 】

 どんなに時間があっても足りません。開店まで2、3週間は余裕があるスケジュール

を組んだにも関わらず、開店前には二日に一度のペースで徹夜の作業をすることに

なりました。自分の計画が甘いと言われればそれまでですが… 周りの創業者に話

を聞いても、予定通り計画が進んだと聞いた事はほとんどありません。

 「ながの創業サポートオフィス」に相談する事により、自分達だけでの計画が第三

者からの観点で精査してもらえました。現実的で厳しい意見も頂けますし、事業計画

の洗い出しや、自分の弱点を見直すよい機会にもなりました。


     

オシャレで実用的                        こだわりの店内とお品物


 

 

 

古い建物をリノベーション

    

【メッセージ】

 このページをご覧になる方は多かれ少なかれ創業に興味を持たれていると思いま

す。まずは家族や関係者の理解を得ましょう。次に友人知人に話しましょう。最後

に「ながの創業サポートオフィス」の方々や経験者に相談しましょう。私の場合は、

そこから繋がりができ長野商工会議所の方々にもご支援いただきました。

 そうすればもう本気です。その中で具体的な計画が出来上がっていき、実際のモ

ノになっていきます。動き出したら、前に進んで行くしかありません。そして、創

業することが達成ではなく初めの一歩なのです。まずは動いてみて下さい。

 

********** 事業所紹介  **********
 

NATURAL ANCHORS(ナチュラル アンカーズ)

商品の多くは店主が自ら海外へ買い付けに行き、選んだ山のギア(道具)から
キャンプ用品、そしてタウンユースのアウトドアウェアまで幅広いものを取り
揃えています。また、情報や人の集う場所にしていきますので是非ご来店くだ
さいませ。
 

ADDRESS:〒380-0855長野県長野市岩石町251-8

TEL&FAX:026-217-8512

E-MAIL:info@naturalanchors.com

HP:http://www.naturalanchors.com

店内の様子

 

ご意見、ご質問などをお寄せ下さい。
 
(公財)長野県中小企業振興センター  ながの創業サポートオフィス
電話:026-269-7359(平日 午前8:30〜午後5:15)
 E-mail:sougyou@icon-nagano.or.jp

 

⇒リレーエッセイ目次へ