長野県内で創業をした方たちから、創業をお考えの方や創業間もない方へ
向けたメッセージをお届けします。県内で活躍する創業者の方々の体験や
想いに是非触れてみてください。

『ペット食の安心安全を信州産農産物で実現しました』
  信州わんにゃん食工房 
   代表 重岡克哉

【創業までの経緯】

 私は現在、8才になる愛犬を飼っています。犬の一生は人間に比べてかなり短い

のも事実です。だんだん高齢に近づいていく愛犬に、安心安全かつ美味しい体に良

いペットフードを食べさせてあげたいという思いが多々ありました。信州には私た

ちも毎日食べている美味しい野菜や果物がたくさんあることにいつも感謝していま

した。これを家族である愛犬にもと考えたのが創業のきっかけでもあります。

 

 現在、家族構成が減少傾向の中、ペットを家族の一員として暮らしている方々や、

ペットの健康やダイエットに意識をもった方々が、輸入品等ではない国内産のペット

フードに関心を持たれる傾向が高く、メディアでもたびたび取り上げられています。

総務省のデータによるとペットビジネス市場規模は1兆192億円に成長し、そのうち

ペット用品は5059億円となっています。また、犬の飼育世帯数は増加傾向で今や5

世帯に1世帯は犬を飼っている状況があり、今後のペットビジネス市場の拡大が予

想されています。

 

 しかし、その事柄を踏まえて、数件の大手ペットフード販売店をモニタリングして

も、国産農産物商品はあまり見当たりません。また、ペット連れの旅行者も増加して

いるなか、信州へ旅行に来て、大切な知人や家族にお土産を買う感覚で、お留守

番をしているペットへのお土産を買う方も増えてきて、販売店等からペット向け

のお土産商品が欲しいとの声も聞いています。

 

 そこで、信州農産物の美味しいのに“もったいない”をコンセプトに、市場商品

価値の低い、規格外農産物(大きくなりすぎたり、傷になったり)を使用して、ペット

フードを商品開発することを考えました。私の出身校である麻布大学環境畜産学科

で学んだノウハウと、前職である地域資源・農商工等連携推進員や、食品新市場開

拓推進員をしていた時の経験を活かし、信頼できるパートナー企業にOEMにて質の

高い加工商品が出来るルートを確立し、ペットフード補助食品に加工販売をする

『信州わんにゃん食工房』を平成26年5月に設立しました。店名は、どなたが見ても

ペット商品販売店とわかる “わんにゃん”という優しい言葉を入れた『信州わん

にゃん食工房』と名付けました。

 

安心な材料の野菜とリンゴ

 

 

【創業時の状況、どんな支援を受けたか 】

 創業にあたっては、まず、地域資源製品開発支援センターに相談をしました。

そこから、県中小企業振興センター、よろず支援拠点につないでいただき、専門

家を派遣してもらう支援をお願いしました。販売戦略や販路拡大を含めた販促

ツールとしてのパンフレットやパッケージのPOPデザイン等の支援をしていただ

きました。広報に関してですが、新聞やインターネットニュースの記事で取り上

げていただいたり、ペット向けフリーペーパーに掲載したりしました。


     

    明るく健康的なイメージが伝わるパッケージの商品               


        

【創業してみて 】

 私は、信州旅行に来て美味しい高原野菜を食べ、知人や家族にお土産を買う感

覚で、大切なペットへのお土産を買いたいという方をターゲットにしていこうと

思っています。しかし、信州での販売だけでは、観光オンシーズンは良いのです

が、観光オフシーズンでは売り上げが期待できないのが現状です。今後は、売上

増加のため首都圏へ販路展開をしていきたいと考えています。

  それに合わせて、信州の農産物を利用したドライサラダとふりかけ商品のシリーズ

化をめざしています。またITを活用しネット販売を充実させ、顧客拡大を計ります。

その後、独自の農産物入手ルートがあるので、新たな農産物を利用し、消費者の

ニーズに対応した新商品開発をしていきたいと思っています。

  信州産農産物を100%使用し、人間同様にペットフード補助食品の安全・安心な

商品提供が行えるとともに、フードのかさ増しによるペットの肥満対策と、食物

繊維が簡単に摂取できるといった効果が期待され、信州農産物のペットの健康に

配慮した加工商品としての地位を確立したいと思っております。

作成したパンフレット

 

 

 

 

 

 

加工の様子

    

【創業を目指す方へメッセージ 】

 これから創業する方、創業を目指している方へ私からお伝えしたいことは、

    1.創業する地域からの発信を大切にすること。

    2.地元の地域から高評価を得ること。

それを実現するには、行政の支援と横の連携が重要だと思っています。

このことを忘れずに、目標へ向かって頂きたいと思います。

 

********** 事業所紹介  **********
 

信州わんにゃん食工房 〈 事業所のみ 〉

−長野県東信を中心とした委託販売−
  ☆信州産高原野菜(レタス・キャベツ)のペットドライサラダ
  ☆信州産高原野菜(レタス・キャベツ)を粉末化したペットふりかけ
  ☆信州産果実(リンゴ)のペットドライフルーツサラダ
         
家族同様の大事なペットに、安心安全なドライフードを一度お試し下さい。
 

ADDRESS:〒384-0005 長野県小諸市御幸町1−8−20

TEL&FAX:0267-31-6322

E-MAIL:Ks000815@cotton.ocn.ne.jp

Facebookページ:信州わんにゃん食工房

浅間山麓の広大なキャベツ畑

 

ご意見、ご質問などをお寄せ下さい。
 
(公財)長野県中小企業振興センター  ながの創業サポートオフィス
電話:026-269-7359(平日 午前8:30〜午後5:15)
 E-mail:sougyou@icon-nagano.or.jp

 

⇒リレーエッセイ目次へ