公益財団法人 長野県中小企業振興センター

中小企業ビジネスを支援するサイト【ビーなび信州】

TOPページ >日産自動車梶@長野県 新技術・新工法展示会
日産自動車梶@長野県 新技術・新工法展示会
日産自動車株式会社 長野県 新技術・新工法展示会参加募集企業募集 日産自動車で技術提案展示会 貴社の新技術・新工法をPRしましょう!

 この度、日産自動車蒲lのご協力により、自動車に関する新技術、新工法展示商談会を開催いたします。
 県内企業の皆様の持つ優れた新技術・新工法を提案し、具体的取引や協力関係を築く機会です。
 積極的なご応募をお待ちしています。
 また、この技術展示会に向けて講演会(日産自動車鞄。川真一郎氏他)を開催いたします。併せてご参加いただきますようご案内いたします。

 
 提案コンセプト
   
「環境対応」 「燃費性能向上」 「安全」  等
   
○求められる技術コンセプト
  「軽量化技術」 (部品を軽くしていく技術) 
  「摩擦抵抗を小さくする技術」(各部位の衝動に対しての耐摩耗性の高度化)
                                              等
○提案分野(主な分野)
  ・ 車体/モジュール、車両各部位 車内環境に関する提案
  ・ 生産工場、生産ラインへの提案(CO2総排出量削減への寄与)
  (省エネ仕様設備、工程削減、ガス、コージェネ関係電力供給効率改善省エネ技術、省廃棄物、
    環境効率改善等)
  ・ 生産リードタイム、サイクルタイム短縮に寄与する技術提案
  ・ 新素材に関する提案

 展示会の概要
   
(1) 開催日時
平成22年12月8日(水) 午前11:00〜18:00
平成22年12月9日(木) 午前11:00〜16:00

[※搬入準備は前日の7日(火)]
(2) 会   場
日産自動車 テクニカルセンター  V2新棟 1F KCCエリア
(神奈川県厚木市岡津古久560−2)
(3)実施方法
机上の小間(会議机:W1800mm×H700o×D450o+壁面)に技術提案を示す提案パネル、提案アイテム(部品、製品等)を展示し、商談を行います。
(4)来場者
日産自動車鰍フ開発・生産技術・調達担当者、関連会社、サプライヤー
【 1,200名(見込み) 】

 募集要項
   
(1)応募対象者
@県内に製造拠点または開発拠点を有する企業
A県内に所在する大学・試験研究機関
(2)応募募集枠
50ブース程度
(3)出展者の決定
提案技術内容等の事前審査により決定します。
(4)参加負担金
30,000円 (但し、賛助会費納入済登録企業は28,000円)
(5)参加申込方法・締切日
参加申込書により 平成22年9月17日(金) までに申込み下さい。
なお、参加負担金については、出展確定後、別途請求いたします。
☆参加申込書を下記からダウンロードし、メールにてお申し込み下さい。
参加申込書ダウンロード
 
日産自動車(株)技術提案展示会において求められる技術(例)について
日産自動車(株)展示会にあたり、想定される事を参考資料としてご用意しました。ご活用下さい。

 講演会について
   
技術展の参考にしていただくため講演会を開催いたします。
(講演会のみの参加も可能です。)
 
(1)日時
平成22年10月1日(金)  13:00〜16:30
(2)会場
メルパルク NAGANO
(長野市鶴賀高畑752−8 026−225-7800)
http://www.mielparque.jp/ngn/access.htm
(3)講師及び講演内容
「自動車の環境対応の技術課題」
  藤川 真一郎氏 
  日産自動車梶@ パワートレイン生産技術本部 パワートレイン技術開発試作部
  エキスパートリーダー(塑性加工)

「中小ものづくり企業の実力をどう活かすか」
  〜提案営業が次世代産業への参入を可能にする〜
  山本 聡氏
  財団法人 機械振興協会経済研究所  研究員
(4)主催 (財)長野県中小企業振興センター
   後援  (社)日本塑性加工学会 北関東・信越支部長野ブロック
(5)参加申込方法・締切日
参加申込書により  平成22年9月17日(金)  までに申込み下さい。

 お問合せ・お申込み先
   
(財)長野県中小企業振興センター
  マーケティング支援センター   担当:宮島・山岸

  〒380-0928 長野市若里1-18-1
  TEL 026-227-5013 
  E-mail s-miyajima@icon-nagano.or.jp




 日産自動車(株)技術提案展示会において求められる技術(例)について
   
日産自動車鞄W示会にあたり、以下のようなことが想定されます。
展示会出展にあたり、参考資料としてご活用願います。


1 自動車業界における課題

   現在の自動車業界において、「燃費性能向上」が最大のテーマです。
   このテーマに対して主に以下2つの技術が求められています。

   @軽量化技術(部品を軽くしていく技術)
   A摩擦抵抗を小さくする技術
    (各部位の衝動に対し耐摩耗性を高め、滑らかにこすれるようにしていく技術)
    ただし、上記目的を果たすために以下環境対応に即した技術でなければなりません。

   「キーワード」CO2排出削減
   省エネ・省資源・省廃棄物・低コスト


2 技術展に求める提案分野

   ・車体/モジュール、車両各部位、車内環境
   ・生産工場、生産ラインへの提案(総排出量削減への寄与)
    (省エネ仕様生産設備、工程削減、ガス、コージェネ関係電力供給効率改善寄与省エネ技術、
     省廃棄物、環境効率改善等)
   ・生産リードタイム、サイクルタイム短縮寄与技術
   ・新素材


3 技術展に求められ主な技術分野(これはほんの一例です)

  ★塑性加工
    ・鍛造・プレス(順送他)、鋳造・ダイカスト(アルミ、マグネシウム他)
    ・歯形形状鍛造金型
    ・歯車加工
    ・板金加工
    ・パイプ曲げ、カシメ接合加工
    ・スピニング加工(回転塑性加工)
    ・粉末治金成形金型
    ・鋼板加熱によって金属箔などを樹脂等に転写するホットスタンピング技術
    ・リム成形(低粘土の液体を注入した低圧成形)(条件:耐熱性及びリサイクルが可能)
    ・樹脂金型〜成形
    ・切削加工レス新工法

  ★機械加工
    ・超精密切削加工 
    ・セラミックス、CFRP、FRP加工

  ★試作
    ・プレス金型〜成形、樹脂金型〜成形、板金、切削、難削材加工、ばね加工他試作
     技術で提案できるところ

  ★新素材及び表面処理技術
    商品外観に関する特徴的なオリジナル技術(外観価値向上に結びつくもの)
    ・新素材:低コストで軽量化につながり、強度がある材料光沢、透過、厚み感、質感のあるもの他
    ・表面処理(鏡面、平滑、高品位なシボ・テクスチャ、研磨、コーティング他)
    ・成型加工(テーパーレス、パーティングラインレス他)
    ・高機能化(キズが付かない、指紋が付かない、くもらない、防錆、半田性、耐摩耗・耐熱性他)
    ・感覚機能(さわり心地、あたたかい、熱くない、ひやっとしない、操作時のいい音他)

  ★表面改質
    ・DLCコーティング(耐摩耗性・耐凝着性・耐食性が高い次世代コーティング技術)
    ・溶射技術
    ・非破壊検査技術(クランクシャフトの浸炭焼入れ後の深さ、硬さを測る等)
    ・シェービング(皮むき)加工技術(表面欠陥を全面的に取り除く技術)
    ・粉体塗装

  ★設備
    ・省力化機械 
    ・高速搬送・高速組付、画像処理・ロボット供給、画像検査他各種装置設計製作
    ・計測、制御技術

  ★電機・電子部品
    ・モーター、巻線技術
    ・巻線機製造
    ・EV、HEV関連計測、制御技術(モーター、インバータ、バッテリー周辺技術等)

  ★その他
    ・ベアリング、メタル、ベアリングメタル製造メーカー 
    ・特殊工具
    ・ボルト製造
    ・ソフトウェア他

  
各企業様におかれましては、想定される日産自動車鰍フニーズに対して自社の強みを提案され、ビジネスチャンスとして活用してください。