公益財団法人 長野県中小企業振興センター

中小企業ビジネスを支援するサイト【ビーなび信州】


今こそ経営構造改革へ!コンセプト創造の手法を教えます
新たな勝負軸を持とう 世界経済の暗転、景気減速が鮮明化している中国、円の高止まりなど、国内需要が低迷し、減少化していく中で国内製造業を 取り巻く環境は疾風怒涛の時代を迎えております。  従来、日本企業は欧米企業の製品やサービスを参考にしつつ、“創意工夫” などによって新たな価値を生み出し、世界市場を席巻してきました。しかし、こうした「創造的模倣戦略」が通用する分野はもはや少なくなってきているのが現状です。このことから、自ら自社の技術やサービスの価値を見つめ直し、新たな顧客の創造に向けた取組みが焦眉の問題となっております。 本セミナーでは、技術マーケティングや事業化戦略などの技術経営における研究の第一人者である東京理科大学大学院 イノ ベーション研究科の宮永博史教授を迎え、国内製造業が優位に立つための経営戦略として「コンセプト創造による事業化戦略」、 「顧客価値発想法の具体的な手法」、「競争力をつけるための三要素(技術・マーケティング・マネジメント)間のバランスについて」など、課題と進むべき方向性を事例を交えてわかりやすく説きます。 ものづくり企業はもとより、観光を含めたサービス業の方にも役立つ内容となっております。 是非この貴重な機会にご参加いただき、経営基盤強化のヒントにお役立てください。
 
 「技術マーケティングの方法と
  顧客創造に向けた取組み」
   〜創造的模倣からコンセプト創造へ〜
◇グローバル化が進む中で、国内製造業が優位に立つための技術経営とは
  ・技術と市場の乖離が起こる要因
  ・「技術」「マーケティング」「マネジメント」のバランス
  ・自社の強みを知り、弱みを克服する

◇創造的模倣からコンセプト創造へ
  ・コンセプトとは何か
  ・コンセプト創造の方法論
  ・コンセプト創造の成功事例

◇新事業を創出する

  ・想定外の機会を発見し活用する
  ・異なる知識を組み合わせる
  ・人材の育成     
 東京理科大学大学院
   イノベーション研究科
   技術経営(MOT)教授
        宮永 博史 氏

講師略歴
1956年生まれ、東京大学工学部卒業、マサチューセッツ工科大学大学院修了、1979年、日本電信電話公社(現NTT)入社。
武蔵野電気通信研究所、厚木電気通信研究所において、通信用デバイスの研究開発に従事。
その後、日本AT&Tベル研究所スーパーバイザー、日本ルーセントテクノロジー社(現日本アルカテル・ルーセント株式会社)マーケティングディレクターを歴任。1996年コンサルティング業界に転じ、SRIインターナショナル勤務を経て、2000年デロイトトーマツコンサルティング(現アビームコンサルティング)統括パートナーに就任。
2002年同社取締役。2004年より現職。
著書に『理系の企画力!』(祥伝社新書)『顧客創造実践講座』(ファーストプレス)『成功者の絶対法則セレンディピティ』(祥伝社)、『「ひらめき」を生む発想術』(C&R研究所)など、多数。
       
2013年2月19日(火) 13:30〜15:30
ホテル紅や 2階「ルビーホール」
〒392-8577 諏訪市湖岸通り2-7-21 Tel:0266-57-1122
上諏訪駅より徒歩10分
駐車場/100台(無料)
1,000円
80名
申込書に必要事項を記入の上、2月15日(金)までにFAX(026-228-2867)
または下記申込書をダウンロードし、E-mailでお申込み下さい。
       
  申込書ダウンロード
       
お問合わせ先   (公財)長野県中小企業振興センター マーケティング支援センター
TEL:026−227−5013 FAX:026−228−2867
E-mail: matching@icon-nagano.or.jp
       
 
● 自社の経営戦略・方針立案に不可欠な情報・ヒントを収集したい!
● 自社の技術シーズの用途開発及び市場展開について模索している。
 (技術と市場をつなぐ考え方の基本を学びたい!)
● 自社技術・製品を成長市場分野に応用したいと考えているが手法が
  わからない
● 中小製造業の生き残り策を模索している。
● 新たな顧客を開拓したいがマーケティングの方法がわからない。
 
 
● 「コンセプト創造」の概念と手法を理解します。
● 顧客価値発想法の手法スキルを習得します。
● 自社の強みを活かしたアイデア発想の方法を理解します
● 技術シーズの用途開発と市場展開のポイントを理解します。