文字のサイズ

  • 標準
  • 大

公益財団法人 長野県中小企業振興センター

中小企業ビジネスを支援するサイト【ビーなび信州】

2月22日(金)経営戦略セミナー~企業革新と顧客価値創造への取組手法を学ぶ~を開催します!

更新日:2018.12.04

  現在、日本の企業は業種や規模に関わりなく、人口動態、ITイノベーション、アジア市場などの外部変化に対応を迫ら
 れており、このような環境のリスクや機会を的確に捉え、企業戦略に活かしていくことが求められております。このよう
 に激変する外部環境に対して、企業を変革し、成長させるために、企業に必要不可欠なものとは何かを考え、戦略
を策定
 し実践しなければ企業は変わりません。
  本セミナーでは、株式会社WiLパートナーの小松原 威 氏を迎え、多くの製造業の経営改革、業務改革の実績を持つ
 同氏から、企業変革及び顧客価値創造に向けた具体的な取組手法についてご提示いたします。ものづくり企業はもとより、

 観光を含めたサービス業の方にも役立つ内容となっております。是非、貴重な機会にご参加いただき、経営基盤強化のヒ
 ントにお役立てください。

  なお、本ご講演の理解をさらに深めて頂く為、(一社)ジャパンバイオデザイン協会様のご協力により、スタンフォード
 大学のバイオデザインプログラムをもとに構成された臨床現場発の医療機器開発を学ぶ体験講座をご案内いたします。
 医療現場から提供されたニーズを解決するのではなく、観察を通じて自ら課題を見つけニーズを特定させ、開発の初期段
 階から事業化を見据えた開発を行う、バイオデザイン思考方法を養う半日体験の入門講座です。

 デザイン思考を体験したい方をはじめ、医療機器分野への参入を図りたい方はこの貴重な機会を逃さないでください。 


           ― 特別講演 ―

   「企業革新顧客価値創造への取組手法」
         ~ ドイツとシリコンバレーの2つの視点からみた今後の中小製造業の経営戦略 ~
         ►シリコンバレーにおける技術開発の動向、企業の取組
         ►製造業+IT化の成功事例、イノベーション事例
         ►課題の本質を突き止める重要性と取組手法メント(人に焦点を当てるデザイン思考等)
         ►ドイツとシリコンバレーからみた日本の中小製造業の課題と対応策
         
►企業が成長するためのセオリーと3つのP

 

 



 株式会社WiL パートナー

小松原 威 

●プロフィール●

◆2005年に慶應義塾大学法学部卒業後、日立製作所、海外放浪を経て2008年SAP
 ジャパンに入社。営業として主に製造業を担当し、ERP導入による顧客の経営
 改革・業務改革(BPR)に取り組む。

◆2015年よりシリコンバレーにあるSAP Labsに日本人として初めて赴任し、デザ
 イン思考を駆使して日本企業の組織/企業風土変革・イノベーション創出を支援。
 ゼロから日本の政財界のリーダー3,000人以上が訪れるポジションを立ち上げた。

◆2018年にWiLに参画。

◆各種イベント講演・メディア掲載多数。
 日経産業新聞 新風シリコンバレー連載陣の一人

 

 このような方に参加をおすすめします!
           ◆国内で生き残れるものづくり戦略を模索している
           ◆激変する市場に対応できる財務基盤を築きたいと模索している
           ◆成長力・高収益の実現に向けた業務改革を模索している
           ◆組織能力強化に向け実践力を培いたいが
人材育成に苦慮している
           
◆社員のモチベーションを上げたい
           ◆創造力のある強い組織に育てたい
           ◆デザイン思考の活用と事業化に関心がある

1 講 演 日

  (1) 日時

     2019年2月22日(金)  13:30~15:30

 
  (2) 場所

     RAKO華乃井ホテル 2階「パルケ」
     〒392-0022 長野県諏訪市高島2-1200-3  TEL:0266-54-0555
 

  (3) 対象者

     県内製造業・起業家・サービス業の経営者、管理者及び支援機関の担当者、医療機器分野への参入希望者等
 

  (4) 定員

    80名
 

  (5) 参加料(講演のみ)

    1,000円(税込)
    参加料は後日ご請求申し上げます。

 

  (6) 申込方法

     申込書に必要事項を記入の上、2月19日(火)までに
     FAXまたはE-mail(matching@icon-nagano.or.jp)でお申込みください。

    ◆参加申込書ダウンロード (Word)

    ◆募集案内チラシダウンロード (PDF)


 

2 バイオデザイン体験講座 
    ~スタンフォード大学発の医療機器イノベーション創出アプローチを体験~ 
       グループワークを中心としたワークショップ形式

  バイオデザインとは イノベーションは学べる!!

   2001年にスタンフォード大学で設立。
   医学・工学・ビジネスの3分野を連携させた医療機器開発のための教育プログラム。
   開発初期段階から事業化の視点を検証しながら、医療現場のニーズを出発点として問題の解決策を
   開発し、イノベーションを実現するアプローチが特徴。
   各国で導入されており、本プログラムを通じて創出された医療機器によって治療を受けた患者数は、
   50万人を超え、特許数は400件以上とされており、世界的な評価を得ている。

 

 ●プロフィール●

 Program Co-Director, Japan Biodesign Industrial Faculty
 テルモ株式会社 CTOオフィス

 ■2002年 テルモ㈱ 糖尿病 研究開発部門
 ■2009年 経営企画室
 ■2011年 文部科学省研究振興局ライフサイエンス課
 ■2013年 糖尿病 マーケティング
 ■2016年 スタンフォードバイオデザイン GFIT
 【資格】機械設計技術者、二種ME、技術士補、3DCAD技術者

講 師 
(一社)ジャパンバイオデザイン協会
ファカルティ 西内 大祐 氏

 
  (1) 日時

     2019年3月14日(木) 13:15~17:00
 

  (2) 場所

     テクノプラザおかや
     〒394-0028 長野県岡谷市本町1-1-1  TEL:0266-21-7000
 

  (3) 講座内容

    ①バイオデザインの概要
    ②現場観察とは
    ③ニーズステートメントの手法(ニーズ特定・深堀り・餞別)
    ④コンセプト創造の選択
    ➄プロタイプの製作
  

  (4) 定員

     30名(特別講演参加者のうち希望者のみ・申込先着順)  


  (5) 参加料(講演及びバイオデザイン体験講座)

     6,000円(税込)
    参加料は後日ご請求申し上げます。

 

3 お問合せ

     (公財)長野県中小企業振興センター  マーケティング支援センター  担当 山岸良至
    TEL:026-227-5013  FAX:026-228-2867
    E-mail:matching@icon-nagano.or.jp