インターネット利用実態調査報告書
T 調査概要

1.調査目的


 「e-Japan戦略」の政策やインフラの整備向上により、我が国のインターネットは急速な普及をみせており、企業活動においてもインターネット抜きでは考えられない状況となってきております。
 このような状況を踏まえて、県内企業のインターネット利用の現状、課題等を調査し企業の情報化推進のための資料提供を目的に本調査を実施致しました。

2.調査対象

県内企業(全業種)2,000社
(当センター企業データベースより対象を無作為に抽出)

3.調査方法

(1)アンケート票の発送  郵送
(2)アンケート票の回収  郵送、FAX、eメール

4.調査期間

平成15年5月9日(金)〜平成15年5月27日(金)

5.調査内容

添付アンケート調査票のとおり

6.回答状況

アンケート対象企業  2,000社
アンケート回収     637社
回答率          31.9%
U 調査結果
(1) アンケートの回答状況
(2) インターネットの接続状況
(3) インターネットの接続手段
(4) インターネットの利用目的
(5) インターネットの利用効果
(6) インターネット利用上の問題点
(7) インターネット利用に関する行政への要望事項
(8) ホームページの開設状況
(9) ホームページの開設目的
(10) ホームページの更新頻度
(11) ホームページの運営と管理方法
(12) 一般消費者向け電子商取引(「 B to C 」)の実施状況
(13) 一般消費者向け電子商取引(「 B to C 」)での取扱商品
(14) 企業向け電子商取引(「 B to B 」)の実施状況
(15) 企業向け電子商取引(「 B to B 」)での実施項目
(16) 電子商取引参入の理由
(17) 電子商取引参入の効果
V 資料集
アンケート集計結果(従業員規模別、業種別)
アンケート用紙
ページのトップへ

財団法人 長野県中小企業振興公社
Copyright:(C) 2003 長野県中小企業情報センター All Rights Reserved.